*

「 月別アーカイブ:2014年04月 」 一覧

2014年4月から印紙税が変わりました

2014/04/25 | 契約

みなさんご存知かと思いますが、4月1日から印紙税が変わりました。 それに伴い工事請負契約書の印紙税も変更となります。   工事請負契約書は2号文書ですので、下記のようになり

続きを見る

今日は契約作業です

2014/04/23 | 契約

小さい工事ですが、落札できたので今日は契約作業です。 規模が小さいので、建設リサイクル法も対象外ですし、コリンズもいりません。 楽です(笑   マニフェストも電子化さ

続きを見る

入札辞退について

2014/04/21 | 入札

建設会社に勤めて十数年ですが、入札辞退というものを初めて体験しました。 東日本大震災が少なからず関わっていると思いますが、去年あたりから土木・建築共に工事の件数が以前の数倍も増えてきています。

続きを見る

下請施工体制台帳の作成と添付書類

2014/04/18 | 現場関係

3月に請け負った工事で下請けを利用することになったので、施工体制台帳を作成しました。 こういう書類は数ヶ月に1度なので、毎回記憶があやふやになりますね(笑 前回は1月だったのでなんとか覚え

続きを見る

工事看板作成

2014/04/15 | 現場関係

嫌いな業務の1つです(笑   工事現場に必ず必要なのが工事看板と現場組織表と安全衛生関連の看板ですね。 工事の引渡しと同時に掲げるのが基本かと思います。 当社では経費

続きを見る

飲み過ぎました

2014/04/14 | 運営日誌

昨日は地元の友人と飲み会でした。 飲み始めたのが夕方6時。終わったのが12時。 明日は楽勝だな~と思っていたのですが・・・ 見事に起きれませんでした(汗   飲

続きを見る

土建屋の年度始め

2014/04/11 | 運営日誌

建設会社の殆どが、年度末で繁忙期を終えます。 一つの区切りでもあり、従業員にとっては春休みでも欲しいところ(笑 次の工事も決まってますが、監督全員グータラしています。 こういう時期も

続きを見る

クレダスのデータが・・・

XPのサポート終了ということでOSを入れ替えたのは良いのですが、クレダスのデータがぶっ飛びました(汗 他ソフトと同様にハードに残っていると思ったのですが、クレダスの場合「提出用ファイル作成」で出

続きを見る

XPから7へ

WindowsXPのサポート終了ということで、当社も移行作業中です。 積算ソフトが入っているマイPCもXPなので移行しなければなりません。 ほぼ終わりましたが、ネットワーク関係がまだまだこ

続きを見る

一括下請(丸投げ)の基準とは

2014/04/08 | 事務的業務, 契約

国土交通省をはじめ、いろいろな官公庁HPで一括下請(丸投げ)の基準について調べてみました。   未だにハッキリとした基準が無い一括下請問題ですが、結局は下請契約前に役所担当者から

続きを見る

建設廃棄物処理委託契約書エクセル様式ダウンロード

2014/04/05 | 事務的業務, 契約

建設廃棄物処理委託契約書のエクセル様式をネットでダウンロードしようとしたのですが一向に良いものが見つからず、オリジナルで様式を作ってみました。 今流行りの、収集運搬用・処分用・収集運搬処分用が一

続きを見る

マニフェストの書き方

2014/04/04 | 現場関係

産業廃棄物管理票マニフェストについて書いてみます。 建設業の方ならみなさんご存知ですよね。 数年前から産廃系は本当に厳しくなりました。   ちなみに当社では全国産業廃

続きを見る

正直嫌いな役所まわり

2014/04/03 | 運営日誌

役職柄、県や市町村の役所へ行くことが多々あります。 本音を言うと、かなり苦手です。 仕事なので行かないわけにもいきませんがね。   何が嫌いってあの役人の態度。

続きを見る

危険物取扱者-乙4類

2014/04/03 | 使える資格

一定数量以上の危険物を貯蔵又は取り扱う施設には、必ず危険物取扱者を置かなければなりません。 当社に自社ガソリンスタンドはありませんが、タンクローリーを所有しているので必要なんですよね。 &

続きを見る

注文書と注文請書

2014/04/02 | 事務的業務, 契約

今回は注文書と注文請書についてちょっと書いてみたいと思います。   公共工事を請け負っている建設会社の場合、まず発注者である国や都道府県や地方自治体と契約書を取り交わします。

続きを見る

コリンズ登録について

2014/04/01 | コリンズ

最近では特記仕様書でも義務付けとなったコリンズ。 これまたクレダスと同様、ひと手間かかる仕事です。   いろいろな目的があるようですが、ほぼ発注者側の情報取得のためでしょう

続きを見る

ad

PAGE TOP ↑