*


土木建設会社の事務員の資格一覧

更新日:2017/06/15 : 公開日: 事務的業務, 使える資格

土木・建築の建設会社に勤めている事務員さんにおすすめな資格をご紹介します。
様々な資格がありますが重要なものだけ紹介します。

建設業経理士

最も必要なのは「建設業経理士

まず、経営事項審査というものをご存知でしょうか?
これは全ての建設会社が毎年受けなければならない審査であり、その結果に基づいてそれぞれの会社の1年間の評価点が決まります。

この評価点により会社のランクが位置づけられ、入札などに反映されるという仕組みです。

なぜ経営事項審査の事を話すのかと申しますと
建設業経理士の人数が多ければ多いほど加点になるからです。

建設業経理士は1級~4級までありますが、加点対象となるのは1級と2級のみ
つまり、1級か2級を取得すれば会社に貢献できているという事です。

当然、資格手当や昇給・昇格も見込めるでしょう。
それほど建設業にとっては重要な資格と言えます。

1級は会計士並みに難しい試験ですので、資格手当はもちろんの事、転職する際にも強力な武器となります。
ですが、3科目合格しなければならないので1年では取得できませんし、それぞれ難易度が高いのでまずは2級から挑戦しましょう

2級であれば簿記も会計も未経験の私でも合格できた試験ですので
過去問を勉強しながらTACの通信講座を受ければ合格可能です。

独学に自信がない、参考書を見てもさっぱりわからないという方は、独学する前にTACに相談してみましょう。
受験料も安くはありませんから、確実に合格したいなら通信講座しかありません。

実際に私も初めての受験で合格できたので、問題集を出版しているだけあってどこか的を得ているのでしょう。
資料請求なら無料ですので、一度パンフレットを見てみては如何でしょうか。

TACの資料請求ページはこちらです↓↓

土木施工管理技士

次に必要なのが「土木施工管理技士

名前のとおり現場で必要な資格なんですが、現場である程度の実務経験さえあれば事務員でも取得可能です。

実は、土木会社にとって最も重要なのがこの資格なんですよ。
経審への加点数が最も大きい資格ですからね。

1級土木施工管理技士を取得すれば5点。
1級となると同時に監理技術者になりますから、監理技術者講習を受ければ更に1点追加です。

監理技術者になると、勤め先の登録技術者として各都道府県の技術者センターに登録されます。

私の場合は高校が指定学科ではなかったので、実務経験のみで取得しました。
まずは2級から取得しましょう。
事務員だからといってあきらめないでくださいね。
手に職と言えるほど重要な資格ですよ。

20年近く建設業に携わってますが、とりあえずは上記2つの資格を取得していれば土木建設会社の事務員としては十分です。
不動産も関連しているなら宅建など必須でしょうが、そのような業務がないのであれば上記の資格だけで十分です。

会社に貢献できるだけでなく、昇給や昇格の期待も持てる資格です。
資格手当が欲しい、給料アップしたい、現場監督になりたいという方は是非取得しましょう。

Sponsored Link

関連記事

第三者賠償保険

建設業向けの第三者賠償保険というものをご存知ですか?   請け負った工事の遂行

記事を読む

no image

決算等届出書の提出期限

建設業許可業者が毎年提出しなければならない書類の1つである 「決算等届出書」 建設業許可の有

記事を読む

プリンター入れ替え

数年ぶりに会社のプリンターを入れ替えました。 メーカーも変更しました。  

記事を読む

一括下請(丸投げ)の基準とは

国土交通省をはじめ、いろいろな官公庁HPで一括下請(丸投げ)の基準について調べてみました。 &

記事を読む

危険物取扱者保安講習

去年から言われていた保安講習の受講。 やっと申請時期がやって参りました。  

記事を読む

XPから7へ

WindowsXPのサポート終了ということで、当社も移行作業中です。 積算ソフトが入っているマ

記事を読む

建物滅失証明書のエクセル様式

民間の建物を解体した時に必須となる建物滅失証明書。 これは、建物の所有者に依頼されて解体工事業

記事を読む

見積書のNETネット金額とは

業者から見積もりを貰うときによく出てくる「NET金額」 ネット金額を一言で表すと、 消費税や

記事を読む

施工体制台帳の健康保険・厚生年金保険の事業所整理記号及び事業所番号

平成24年11月に施工体制台帳の様式が変わりましたね。 健康保険等の加入状況の欄が追加になりました

記事を読む

危険物取扱者-乙4類

一定数量以上の危険物を貯蔵又は取り扱う施設には、必ず危険物取扱者を置かなければなりません。 当

記事を読む

Sponsored Link

ad

PAGE TOP ↑