有価物と産業廃棄物とマニフェスト


有価物とは、現場で発生した廃棄物を売却できるものを言いますよね。
その場合は、当然マニフェストは不要となります。

ですが、「現場発生品の売却額<運搬費」となる場合はマニフェストが必要になるのをご存知ですか?
私も最近実際に経験して知ったのですが、とてもややこしい話ですよね。

現場で発生した廃棄物をA社に売却し、収集運搬をB社に委託しました。
最終的に、A社の売却額よりもB社の運賃が高くなったんですね。
経理的なワードで言うと、「逆有償」という事です。

このような場合、マニフェストで考えるとB票まで発行することになります。
売却した場合は処分とは考えないようですね。
A社へ運搬してしまえば、業務的にも金銭的にも書類的にも全て終了という事です。

ややこしい話ですが、今後いくつか事例がありそうなのでメモとして書いておきます。

Sponsored Link

更新日:2018/03/15 : 公開日: マニフェスト , ,

関連記事

no image

エクセル様式でマニフェストを印刷する方法

年々厳しくなるリサイクル関連法ですが 大量の産業廃棄物管理票マニフェストの記入でお困りではありませ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 当サイトを管理している
      建設会社事務員の
      ミタ」と申します。

      建設業に必要な様式や
      資格を紹介しています。
PAGE TOP ↑