平成26年度1級土木施工管理技術検定


更新日:2017/04/19

今年も1級土木の試験申し込み時期が近づいてきました。

数年前に急に難関資格となりましたが、ここ2.3年は合格率も落ち着いてきたようです。

ちなみに私が取得した時は最悪な時期でした(笑)

知る人ぞ知る悪魔の3年間(平成21年度~23年度)の時期に取得しました。

学科試験は例年通りでしたが、実地試験の場合は毎日6時間の勉強を2ヶ月続けました。

幸いにも一発合格となりましたが、自分でも受かって当然と思えるほど勉強しました(^_^;)

あれ以来勉強というもをしたことがありません(笑

 

試験の実施機関である全国建設研修センターに平成25年度の合格基準が載ってましたのでリンク貼っときますね。

http://www.jctc.jp/kentei/info/kentei20130529.pdf

 

みなさん御存知かと思いますが、基本的に60%以上の正解率で合格となります。

が!みなさんも気付いたと思いますが、ただただ60%以上ってわけじゃないんです。

 

重要なのはココ→「試験の実施状況等を踏まえ、変更する可能性がある

 

合格者があまりにも多い場合は、下から切り捨てるって意味ですよね?

ですので、出来るだけ時間いっぱい考え、1点でも多く獲得することが重要ってことです。

 

この記事の続編ってことで、次回は私が実際に使用した問題集などを紹介しますね。

Sponsored Link

関連記事

1級土木施工管理技士の勉強方法と論文対策@独学で一発合格するには

1級土木施工管理技士の勉強方法【平成30年度】 私が1級土木施工管理技士試験を一発合格した時の勉強

記事を読む

no image

1級土木施工管理技士の申し込みが始まります

1級土木施工管理技士の申込受付がそろそろ始まりますね。 申し込み期間は 平成27年4月1日(

記事を読む

no image

土木施工管理技士を取得するメリット

先日、地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の技能講習申し込みをしました。 そこで気づいたのですが、

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 当サイトを管理している
      建設会社事務員の
      ミタ」と申します。

      建設業に必要な様式や
      資格を紹介しています。
PAGE TOP ↑