作業員名簿の教育・資格(講習)・免許の振分け

2018年7月10日

安全書類の1つである作業員名簿について。

下請で現場に入る時に必須となりますので、結構な頻度で作成している書類です。
様式はみなさんご存知の全建統一様式です。

詳しくはこちら

その中で作業員名簿の教育・資格(講習)・免許の振分けについて疑問がある人が多いようなので私なりに書いてみます。

言葉のままなので、だいたい想像はつくと思います。
教育でも技能講習でも免許でも、殆どの免許証や修了証に「〇〇技能講習修了証」などと記載がありますよね。
要は、そのまま振り分ければ良いわけです。

ではそれぞれの例をあげてみます。

教育

職長教育
安全衛生責任者教育
振動工具の取扱い業務
騒音作業従事者

技能講習

地山の掘削
土止め支保工
足場の組立
石綿
車両系
ガス溶接
玉掛け
小型移動式クレーン
不整地運搬車
高所作業者

免許

移動式クレーン
クレーン運転士
デリック
ガス溶接
ボイラー取扱
自動車運転
電気工事士
発破技士

思いつくものだけ並べてみましたが、だいたいこういう振分けで作業員名簿を作成してます。
様式は、全建統一様式第2号ですのでお間違いなく。

スポンサーリンク