【平成29年度】最新版クレダスシステムをダウンロードしましょう


平成29年5月23日時点での最新版クレダスシステムは、

平成28年度版「建設リサイクルデータ統合システム-CREDAS入力システム-(Ver.2016.10.31)」となります。

古いバージョンをお使いの方は早めにダウンロードしてバージョンアップしましょう。

特に公共工事で提出用ファイルの取込を行う役所担当者や発注者の方はバージョンアップが必要となりますが、工事受注者もダウンロードすることを推奨します。
なぜなら発注機関コードや住所コードが更新されている為、後に不具合が生じる場合もあります。

旧バージョンのクレダスを使用中の方は、先に旧バージョンで移行したい対象工事の「提出用ファイルの作成」をしてファイルを保存し
新バージョンで「提出用ファイルの取込」をしてデータを移行しましょう。

保存期間は工事竣工書類と同等の期間ですので、不要なファイルは移行せず
必要な物だけ移行し、旧バージョンはアンインストール(削除)しましょう。

WinZip build WinZip

Sponsored Link

更新日:2017/06/17 : 公開日: クレダス(CREDAS)

関連記事

no image

クレダスのバージョン確認方法

お使いのCREDAS(クレダス)入力システムのバージョンを確認しておきましょう。 古いままのシ

記事を読む

クレダス-CREDASにも慣れてきました

リサイクル関連が厳しくなっていく一方ですが、その中でマニフェストとは別にクレダス(CREDAS)とい

記事を読む

クレダスのデータが・・・

XPのサポート終了ということでOSを入れ替えたのは良いのですが、クレダスのデータがぶっ飛びました(汗

記事を読む

マニフェスト印刷用プリンター

産業廃棄物を運搬する際、トラック1台につき1枚が必須となっているマニフェスト。 入力がとっても

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 当サイトを管理している
      建設会社事務員の
      ミタ」と申します。

      建設業に必要な様式や
      資格を紹介しています。
PAGE TOP ↑