役人の知識不足

難しい現場ほど苦労するのが監理ですよね。

難しいというか対地域住民の現場が1番めんどくさいですね。

さらに役所の担当者に十分な知識がないパターンは最悪です。

 

役人の監理不足で現場がストップする場合もありますし、酷いときは検査に間に合わずに、それなりの工事成績点をつけてくる人もいます。

そして4月となれば転勤となり、その継続事業はメチャクチャです。

どうしてそこらへんを考えずに人事するんですかね。

監理がメチャクチャでいいなら、業者に何も注文しないで欲しいですよね。

なんか今日は愚痴ばっかですね(笑

 

でも業者としては逆らうことは出来ませんからね。

はいはいと話を聞いて、そのとおりに動くしかないのです。

昔よりは断然マシですが、少しでも良い現場を作りたいと思ったらもう少し国も県も考えなければならないことがあると思いますね。

スポンサーリンク

運営日誌

Posted by credas