下請業者へ見積依頼書を提出してから必要な見積期間は?

2019年3月15日

下請業者に見積を依頼する際、まず始めに見積依頼書を提出するわけですが、
その際、下請業者が的確な見積をする為に一定の期間を設けなければなりません。

その見積期間は工事の予定価格により異なります。

  • 予定価格が500万円未満の場合は、1日以上
  • 予定価格が500万円以上5000万円未満の場合は、10日以上
  • 予定価格が5000万円以上の場合は、15日以上

上記の期間は、見積依頼書提出から下請契約までの間に最低限設けなければならない期間となります。
さらに上記の期間は最低限必要な期間であり、下請業者に対して十分な見積期間を設けるよう国土交通省も促していますね。

当社も以前は、口頭で見積依頼をしては「◯◯日まで提出お願いします」などと、一方的な見積り依頼をしていました。
今後は最低でも上記の見積期間を設けるようにしたいと思います。

突貫工事や工期が短い工事では難しい部分もあると思いますが、今後の立入調査で指摘を受ける可能性も有り得るので注意ですね。

スポンサーリンク